体重ではなくメタボのリスクは検診による測定を

体重ではなくメタボのリスクは検診による測定を,メタボリックシンドロームを、縮めてメタボといいます。内臓型肥満体型で、かつ、高血圧、高血糖、脂質異常のうちの2つに該当する場合となります。内臓脂肪症候群や、インスリン抵抗症候群といった症状を、わかりやすくまとめた考え方となります。世界保健機関のメタボ基準はありますが、日本で使われているものは、それとは別の日本の基準です。体脂肪が内臓に多く蓄積されていると、高血糖や、高血圧などの身体疾患が発症しやすいことから、肥満解消の必要性が示唆されています。血糖値や、血圧を適正に保つことが健康維持の上では重要であることは、高血糖や、高血圧は、将来的に動脈硬化になりやすくなることからもわかります。将来的に、命を脅かす深刻な疾患を発症しないようにと、メタボリックシンドロームという考え方が発生しました。肥満という用語は、見た目からして太り気味な体型を連想しますが、メタボと診断された人の中にはそれほど太っていない人もいます。内臓型肥満はメタボ診断の根拠の1つになりますが、この他には、空腹時血糖や、中性脂肪を計ることも必要とされています。メタボリックシンドロームでは、腹囲が男性85センチ以上、女性は腹囲90センチ以上あることが前提となります。腹囲が、メタボの要件をクリアしていても、体重の重さ自体は突出した数字ではないという人もいますので、メタボは太っているとは一概には言い切れません。もしもメタボリックシンドロームだと言われたら、今後も健康で生きていくためには、メタボを解消していかなければなりません。運動量を増やし、毎日の食事内容を見直して適正なカロリー摂取量を心がけることで、内臓脂肪の燃焼を促し、体重を減らして、メタボリックシンドローム解消を目指しましょう。