気になるコレステロールを食事で改善する時には

気になるコレステロールを食事で改善する時には,健康診断でコレステロールの数値が高いと言われたことはありませんか。運動不足を解消することや、栄養バランスのとれた食事をすることが、コレステロールの改善に重要です。カロリーが少なく、肉や脂肪が多くない食事が、コレステロールにいいと一般的には考えられているようです。まず最初の気を付けたいポイントは、アジやイワシ、ブリなどの青魚を食べるようすることです。血液に含まれている中性脂肪を下げる成分であるドコサヘキサエン酸や、エイコサペンタエン酸は、青魚に多く存在しています。エイコサペンタエン酸とドコサヘキサエン酸によって、動脈硬化の原因となるLDLコレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすことが期待できます。エイコサペンタエン酸とドコサヘキサエン酸は熱に弱い成分なので、青魚を食べるなら加熱しすぎないようにするのが大切です。サプリメントを使うことで、食事に青魚を調理して出す手間をかけずに、必要な栄養成分を補給することができます。食事の量を減らしてダイエットを行うことでコレステロールを減らすという方法は、健康を損なわないようにすることも重要です。炭水化物や糖分を控える人が多いのですが、その反面、肉や卵の摂取量が増えてしまわないように気を付けるのが大切です。どんな食べ物を減らし、どんな食べ物を今までどおりに食べるかを見極めることが、コレステロールを下げるためには必須になります。肉や卵、油脂などを食べるのではなく、野菜や海藻、キノコ類を意識した食事内容に改善することで、これを防ぐことができます。